X
ホームチュートリアルWindows・Macから復元 > Windows 7データ復元

初心者向けのWindows 7に失われたファイルの復元方法

コンピューター上のファイルが見つからなくなったり、ウイルス攻撃を被ったり、或いは誤ってファイルをフォーマット、変更または削除してしまった場合は、Windows 7に備えている「システム復元」という機能が幸いして、ファイルを以前の時点の状態に戻すことができます。Windows XPではトラブルが発生しても、この機能によってトラブル発生前の状態さえ戻せます。が、一旦「システム復元」を行うと、全てのデータや設定は前の状態に復元するので、すなわち、新しい保存してきたデータを失う可能性もあります。また、バックアップを忘れると、こういう機能も利用できません。

ここで、もう一つのWindows 7の紛失したファイルの復元方法を紹介します。「データ復旧」さえ使えば、Windows 7に不具合やウイルス、フォーマット、誤削除などの原因で失われた写真、オフィスファイル、動画、メモ、音楽などのデータを完全に今一度手に入れることができます!更に、予め喪失したデータをプレビュー、確認することが可能で、精確にデータを復元します。早急復元方法を見ましょう!

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

Windows 7に失われたファイルを復元


1
リカバリーモードを選択します。
「データ復旧」を無料ダウンロードして起動します。
ウィザード復元モードに入り、「次へ」を押して復元作業を開始します。
データ 復元 起動

ご注意:一番下の 「標準モード」をクリックすることにより、「標準モード」に切り替えることができます。「標準モード」での操作は少し異なりますが、同じように非常に簡単です。

2
復元したいファイルの種類を選択します。

もし単なる個別種類のファイルを復元したい場合は、その対応オプションを選択すればいいです。そして、「次へ」をクリックしてください。
全て ファイル 復活

3
ファイルの失われた場所を選択します。
デスクトップ」、 「ごみ箱」や「マイドキュメント」を選択することができます。続けて「次へ」をクリックします。 もしそのデータはどこから失ったことが分からない場合は「忘れてしまいしました」を選択すればいいです。
紛失 パス 選択

4
紛失したデータを確認、復元します。

ここで、ドキュメント、画像、アーカイブ等のデータを見極めることができます。そして、復元されるファイルを保存するパスを選択して、「復元」をクリックします。
データ 予め 確認

ご注意:復元されたファイルを元のフォルダに保存しないでください。また、「データリカバリー」はWindow 8/NT/2000/2003/Vista のデータ回復にも対応します。Macユーザーであれば、「データ復旧(Mac版)」をご利用ください。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved