X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > iTunesで復数のiPhoneを同期

一つのiTunesで複数のiPhoneを同期する方法

iPhone を使う場合、iTunesの同期機能を利用することが多いでしょう。普通は、一台のパソコンで一台のiPhoneを同期しますが、複数のiPhoneをそれぞれ同期したい場合、複数のパソコンが必要ですか?もちろんそんなことはありません。一台のパソコンでも、複数のiPhoneを管理することができます。ですが、iTunesで複数のiPhoneを管理する前に、iTunesを正しく設定する必要があります。

もし何も設定せずに、そのままiPhoneを同期した場合、iPhoneのデータがごっちゃ混ぜになってしまいます。最悪の場合、iPhoneのデータが違うiPhoneのデータに入れられて、元のデータが削除されてなくなってしまう恐れがあります。iPhoneはWi-Fi環境で自動的に同期できますので、パソコンでのバックアップデータも削除される可能性があります。そのため、同期する前に、下の方法で設定することがおすすめします。

Windowsで複数のユーザアカウントを作成する方法


この方法は比較的に簡単なので、初心者におすすめします。家族で同じパソコンをつかう場合、複数のユーザアカウントを作る方もいろいろ便利です。

手順は以下です:

1
画面左下の「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」を起動します。

2
ユーザーアカウントと家族のための安全設定」の下で、「ユーザーアカウントの追加または削除」をクリックします。

Windows アカウント 追加

表示方法は「アイコン」の場合、「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」は表示されていない可能性もありますが、右上の「表示方法」で「カテゴリ」を選択すれば出ます。

3
アカウントの管理」で、「新しいアカウントの作成」をクリックします。

Windows アカウント 作成

4
新しいアカウント名」欄で、作成したいアカウント名を入力します。

5
「標準ユーザー」と「管理者」を選べます。「標準ユーザー」は一部のセキュリティ操作が制限されていますが、安全性は高く、「管理者」はその逆で、パソコンに対する最高権限を持っています。

6
アカウント種類を選択して、「アカウントの作成」ボタンをクリックします。これでアカウントは作成されました。

家族でそれぞれのアカウントを使うと、音楽データを共有したい場合、それぞれのユーザーアカウントからiTunesの音楽データを取り入れる必要があります。

複数のiTunesライブラリを作成する方法


複数のユーザーアカウントを作成したくない場合、複数のiTunes ライブラリを使う手もあります。iTunesを起動する度ライブラリーを選択する必要がありますが、上手く使い分ければちゃんと復数のiPhoneを同期できます。

以下の手順で、複数のiTunes ライブラリを作成します:

1
Shift」を押しながら、iTunesを起動します。

2
ポップアップメッセージから、「ライブラリを作成」をクリックします。

iTunes ライブラリー 作成

3
新しいライブラリファイルに名前をつけて、フォルダを作成します。

iTunes ライブラリー 命名

4
作成が完了すると、iTunesは新しいライブラリで起動します。

5
「編集」→「設定」を選択し、iTunesの環境設定を起動します。「ライブラリへの追加時にファイルを [iTunes Media] フォルダにコピーする」のチェックボックスを外して、「OK」をクリックします。これでライブラリのデータがそれぞれ専用のフォルダに入るようになります。

6
これで新しいライブラリが作成されました。切り替えるとき、「Shift」を押しながらiTunesを起動し、「ライブラリを選択」ボタンをクリックします。

iTunesを使わない方法


iTunesで管理する方法はもちろんありますが、転送ソフト「iPhone転送」で一台のパソコンで復数のiPhoneを管理する方法もあります。iTunesを回避すれば、ライブラリーを選択する必要もなくなるため、Appleアカウントなどを気にせずデータを管理することが可能。また、同期とは違い、「追加」の形でデータをiPhoneに入れたり出したりできますので、データが上書きされてしまう心配も要りません。







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved