X
ホームチュートリアルiOSからiOSへ > iPhoneとiPadの同期

iPhoneとiPadのデータを簡単に同期するには

iPhoneとiPadのデータを同期できれば、iPhoneとiPadを二台持ちの人にとってとても便利なことです。データが違うため分けて持ち歩く不便さも無くなりますし、iPhoneとiPadで両方バックアップしているようなものなので、データの安全性の面においてもいいことです。また、iPhoneの写真をiPadの大画面で見たい、iPadの写真をiPhoneに入れて持ち歩きたい、などなどの理由で、iPadとiPhoneを同期したい人が、たくさんいます。

iPad転送」は、iPhoneとiPadを同期するにはとても便利で使いやすいソフトです。様々なデータを移行できる汎用性とプレビュー、ドラッグアンドドロップでできる便利さを備え、iPhoneとiPadの写真・音楽・プレイリスト・連絡先などのデータをすぐさま同期します!ぜひ、無料の体験版でお試しください。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード


iPadとiPhoneのデータを同期する手順



1
まずは、「iPhone転送」をインストールし、iPhoneとiPad両方をパソコンと接続してください。
iPad iPhone 接続


2
iPadとiPhoneの連絡先を同期する:
左側のiPad、またはiPhoneの「連絡先」を選択すれば、左側でデバイスの連絡先が表示されます。上の「インポート/エクスポート」をクリックし、選択された連絡先か、全ての連絡先を、もう一台のデバイスに同期します。
iPad iPhone 連絡先 同期


3
iPhoneとiPadの写真・音楽などを同期する:
写真・音楽を同期するには、左側の「メデイア」と「写真」をクリックして同期します。
同期したいファイルを選択終えたら、上の「インポート/エクスポート」ボタンで、同期先のデバイスに同期します。
iPhone iPad 写真 同期

iPad iPhone 音楽 同期

また、動画、ポッドキャストなども同期できます。
他にも、プレイリスト、SMS、ツールキャットなどのデータを同期することができます。iPadからでも、iPhoneからでも、iPadとiPhoneの間にデータを自由に同期できます。


「iPad転送」について


「iPad転送」は、iOSデバイス専用のデータ移行・管理ソフトで、iPhone・iPad・iPodの間でデータを自由に同期することができます。最新のiPad Air 2/iPad mini 3とiPhone 6/6 Plusも対応しています。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved