X
ホームチュートリアルWindows・Macから復元 > Macのゴミ箱を復元

Macのゴミ箱から失われたデータを復元・復活できる方法

普通にはMacのパソコンにデータを削除すると、そのデータはゴミ箱に移動します。ゴミ箱を空にする前にデータの復活が可能です。だたし、もしゴミ箱を空にしてしまってから、またそのデータを取り戻したいなら、データの復活は可能でしょうか?MacのPCで優れたバックアップと復元機能が搭載されています。それは「Time Machine」というソフトです。外付けディスクさえあれば、「Time Machine」で自動的にバックアップ作業を行い、いざとなるとMacを以前の状態に戻せます。便利ですが、もしバックアップファイルが保存してある外付けディスクが不具合になったりバックアップデータの作成方法が分からなかったり、色々な原因でゴミ箱から紛失したデータが上手く復旧できない時、他の方法はないでしょうか?

データ復旧」さえ使えば、悩むことはありません!Mac上削除され、フォーマット、ウイルス攻撃、アクセス出来ないため紛失したデータを数クリックで簡単に復元できます。プレビュー機能が追加されていて、前もって復元可能なデータを確認することができます。今すぐ無料体験版をダウンロードして、Macのゴミ箱から失われたファイルを検出しましょう!

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

「データ復旧」を使って、簡単にデータを取り戻す

1
データ復旧」を起動して、復元モードを選択します。四つの復元モードを提供しています。それから一番目の「失われたファイルの復元」を選択してください。
データリカバリー 立ち上げる

2
ドライブを選択して、ゴミ箱から失われたデータの検出作業を開始します。
ドライブ 選択

3
スキャンプロセスが完了してから、ゴミ箱から削除されたファイルをプレビューすることができます。 復元しようと思うデータにチェックを入れて、「復元」ボタンをクリックするだけで、ファイルが完全に復活できます
失われた データ 復活

「データ復旧」を選んで、安全かつ完全にデータを復元

「データリカバリー」は多種な記憶装置のデータ復元作業を提供しています。この強大なソフトでハードドライブ、USBドライブ、外付けHDD、携帯電話、デジカメ、iPod、MP3/MP4プレーヤーなどから紛失したデータの復旧が可能です。この記事をご覧になってお試しになった方、使用感などのコメントは大歓迎です。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved