X
ホームチュートリアルWindows・Macから復元 > 上書き保存したファイルを復元

上書き保存してしまったファイルを復元する方法

WindowsまたはMacパソコンに何時間も掛かって作り出したファイルは他の同じ名前のファイルに上書き保存してしまったこと、もしくは誤った操作によって正しいデータを上書き保存してしまったことに見舞われたことがありますか?もしこんなことに見舞われても、慌てることはなく、「元に戻す」機能によればせいぜい20~30回前のステップに戻せます。またもしパソコンのバックアップサービスを利用することがあったら、「以前のバージョン」という機能を通してファイルが復元可能です。

しかし、もし以上の二つ小技でもファイルを復元出来なかった場合、「データ復旧」を試みてください!復元専用のプロソフトウェアで、より確実に上書き保存してしまったデータを検出・復元できます!更に、前もって復元可能なファイルを見ることがポイントです!記憶装置に保存したことさえあれば、上書きしても復活可能です!今すぐデータの復元機会を捕らえて「データ復旧」を無料体験しましょう!

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

上書き保存してしまったデータを復元


1
ただ三つのステップで上書きされたデータが復元できます。まずファイル形式と上書きファイルの場所を選択します。

ファイル形式の選択↓
ファイル タイプ 選択

上書きファイルの場所の選択↓
パーティション 選択

ご注意:外付け記憶装置からの上書きファイルを復元する場合は、その記憶装置がパソコンに認識できるかをご確認ください。

2
データのスキャンを開始します。
ここで上書きファイルをスキャンするために、「開始」ボタンをクリックしてください。
スキャン モード 起動

3
上書きファイルの確認と復元を行います。
スキャンした後、すべての検出したファイルは、ウィンドウの左側に表示されます。復元したいファイルの中身を確認、復元できます。次に、復元しようとしているファイルを選択し、「復元」ボタンをクリックすることができます。
上書き保存 ファイル 確認 復旧

誰でも1度や2度誤ってデータを上書き保存してしまったことは日常茶飯事ですが、このような苦境に二度と遭わないように、定期的にバックアップアプリまたはパソコンに搭載されているバックアップ機能を使ってデータをバックアップしましょう!お役に立ちましたら、ブログやSNSでご紹介させていただければこの上ない光栄です

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved