X
ホームチュートリアルiCloud復元 > iCloudバックアップから復元

iCloudのバックアップからデータを確認、iPhoneに復元できる方法

iPhone、iPad、またはiPod touchなどiOS5以降の端末のデータをネットに保存でき、パソコンや他のデバイスからアクセスできるサービスはiCloudというものです。仮にiPhone 6/6 Plus/5sなどが壊れたとしても、新たなiOSデバイスに元のデータを入れ直せます。iCloudでバックアップをしたいなら、手動と自動の二つのバックアップ方法があります。

しかし、iCloudで毎日自動的にバックアップのデータを更新させたいとしたら、幾つかの注意点があります。以下の項目を満たすと、iCloudを自動的にバックアップします。①お使い中のiPhoneはロック状態にする。②Wi-fi環境がある。③電源に接続する。この三つの条件のもとでiCloudが一日一回自動的にバックアップを実行します。

iCloudのバックアップサービスは確かに便利極まりないです、いざとなるとアイクラウドからデータを復元でき、元のようなiPhoneを使い続けますが、アイフォンをリセットした上でアイクラウドのバックアップから復元したいデータがあるかどうかが分からないという方面もあります。もしある紛失した写真やアプリデータ、メールなどのみ復元したい場合はiCloudで復元すべきですか?復元したいものを取り戻ったら幸いですが、iPhone上の全てのデータを削除した上、復元したいデータが復元できなかったら、とても困りますね。ここで「iPhoneデータ復元」というiOSデバイスデータ復元専用ソフトを使ってiCloudのバックアップデータを確認、復元しましょう。

Mac版ダウンロード

「iPhoneデータ復元」を使って、iCloudのデータを確認・復元


「iCloudバックアップファイルからリカバリー」は「iPhoneデータ復元」で新規追加された機能です。iCloudからのメール、メッセージ、写真、連絡先などのデータが予め確認でき、WhatsApp、Instagram、 Flickrなどアプリデータの復元もサポートされています。
どうぞお見逃しなく:「iTunesバックアップファイルからデータ復元方法

1
まずは「iPhoneデータ復元」を無料ダウンロードして、実行してください。iCloudのアカウントとパスワードを入力した上で、全てのバックアップデータが表示されます。
好きな階段のバックアップファイルを選択して、右側の「ダウンロード」をワンクリックします。
アイフォン データ 復元 起動

2
バックアップデータのダウンロードが終了したら、プログラムは自動的にデータをスキャンします。スキャンが完了するまでにしばらくお待ちください。
アイクラウド ダウンロード

3
このステップでiCloudのデータを確認することができます。ご覧の通り、左側にある全てのデータの詳細が表示されます。確認した後、復元したいものを選択して「復元」をワンクリックすればOKです。
プレビュー 項目

復元されたファイル数と残る時間も確認できます。


最新版の「iPhoneデータ復元」について

最新版の「iPhoneデータ復元」は「iOSデバイスから直接リカバリ」、「iTunesバックアップからリカバリ」及び「iCloudバックアップファイルからリカバリー」の三つの強大な復元モードが搭載されています。各方面から紛失されたデータをより深くスキャンして復元できます。今すぐに新たな「iPhoneデータ復元」を体験しましょうか?

Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved