X
ホームチュートリアルWindows・Macから復元 > フォーマットしたUSBメモリを復元

USBメモリを誤ってフォーマットしても復元できる方法

パソコンの何らかの誤作動によって、今まで普通に動いていたUSBメモリをPCに挿せば「フォーマットされていません」と表示し、それ以降アクセスができなくなってしまう経験がありますか?データが読み込めなくなることはかなり困ります。もしフォーマットしたらUSBメモリの中身は初期化され、全てのデータが失われます。実にUSBメモリをフォーマットしてしまってもデータは新たなデータに上書きされない限り、すなわち、拡張子のプログラムの「痕跡」の電子データは消えていない状態のもとで、まだデータの復元は可能です。

データ復旧」さえあれば、誤ってフォーマットしてしまったUSBメモリを復元することができます。僅か三つのステップでUSBメモリ中の写真や動画などデータを予め見極めることが可能です。またはウイルス攻撃、不具合の発生、アクセス出来ないなどの状況にあってもデータの復元が出来ます。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

「データ復旧」を使い、USBメモリの中身を復旧

1
「データ復旧」を起動し、USBメモリをパソコンに挿してから、復元したいデータのパターンを選択してください。
復旧 データ ファイル 選択

2
次にUSBメモリの復元を行うため、「外付けのリムーバブルデバイス」を選択してから、「次へ」を押して、スキャンプロセスへ進めます。
場所 選択

3
ここで、失われたデータを全て検出され、データの詳細をプレビューすることができます。復元したいデータを選択してから、「復元」ボタンを押せば復元完成します。
データ 確認

論理障害とは?

ファイルシステムの損傷や、OSのファイルが消失・損傷した場合、ウィルスの感染によりデータ破損した場合、あるいは安全な取り外しを行なわなかった場合など、論理障害(ソフトウェア障害)は突発的に起こるため、大切なデータを常にバックアップすることが重要になります。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved