X
ホームチュートリアルiPhone復元 > LINE データ 消えた 復活

LINEのデータが消えた?これで復活しよう!

iPhoneのラインと言えば、たくさんのトーク履歴が溜まっている時、たまにもLINEのものが突然消えてしまうことに心配するでしょう。どうしようもないとは言えなくて、友達たちにまだ残っていたデータを送信してもらうこともできますが、やはりバックアップを取っておくほうがいいですね。もしLINEアプリのデータが消えてしまったら、バックアップを取っていないと復活することが無理みたいです。では、iPhoneのラインのデータの紛失を防止する対策として、こちらは二つのラインデータの復活方法を説明します。普段のiCloudバックアップから復旧する方法だけではなく、LINEバックアップ・復旧機能を持つソフト「iPhone Line 復元」でデータを復活することも可能です

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

方法一:iPhoneのLINEのデータが消えた時取り戻す仕方


「iPhone Line 復元」はiOSデバイスのLINEのトーク履歴・グループトーク・通話履歴・スタンプ・画像・ビデオ・音楽などのバックアップと復旧が可能です。LINEのデータのバックアップをきちんと取っておけば、LINEのデータが消えた時に目標先のiPhone・iPad・iPod Touchにバックアップの通りに復活されるため、これから使ってみましょう。

1
「LINE バックアップ&復元」を開く
「iPhone Line 復元」というソフトを使う前に、まずはソフトをPCにダウンロードしてインストールしてください。ソフトを起動した後、画面中の「ツールボックス」を選んで、中の「LINE バックアップ&復元」を開いでください。次には、復旧先のiOSデバイスをパソコンと繋ぎます。
iPhone Line 復元 

2
バックアップ中のデータを確認
これで、「以前のバックアップを確認」を押して、バックアップの中のLINEのデータをチェックできます。バックアップ中、ラインのトーク履歴と添付ファイルは分けて表示されます。
iPhone Line 復元 

3
バックアップのデータをiOSデバイスに取り戻す
バックアップのデータを復旧したいなら、右下の「デバイスに復元」を押してLINEに取り戻しましょう。最後のポップアップの「OK」をクリックすれば、データがバックアップする時点の通りに復活されます。
iPhone Line 復元 
注意:「iPhone Line 復元」のバックアップからLINEのデータを回復する場合、接続したiOSデバイスのLINEのデータが上書きされます。LINEのデータが突然消えてしまった時も、復旧することにはよく注意してください。

方法二:iCloudでiPhoneの消えたLINEデータを取り戻す


LINEのアカウントの削除のためにデータが消えたら復旧することが不可能です。でも、もしLINEのアプリを削除するせいでデータが消えたら、友達リストなどを取り戻すことが可能です。

その場合、LINEのアプリを再びダウンロードして、アプリを削除した前にログイン用のメールアドレス、電話番号とパスワードを入力すれば、元の状態でLINEを利用して、友達リストの引継ぎができます。

でも、どちらの状況でも、LINEのトーク履歴などのデータは前もってバックアップしておかないと取り戻すことが難しいです。残念ですが、一人一人でLINEの友達と連絡を取り、二人の間のトーク履歴を友達に送信させるしかありません。

もし事前にiCloudでLINEのトーク履歴をバックアップしておいたら、新端末としてLINEでアカウントをログインして、iCloudのバックアップしたトーク履歴を復旧することができます。

注意すべきなのは、LINEを起動してデータを取り戻す前には、iPhoneをiCloudに接続してください。iCloud Driveをオンにしておかないと、iCloudからLINEのトーク履歴を取り戻す手順が表示されません。

iPhone Line iCloud バックアップ

iPhoneの画面を録画する機能

「iPhone Line 復元」はiPhoneの画面を録画する機能も持ちます。現在、ページ中のソフトの無料試用版を使ってみればiPhone録画を体験できるため、iPhoneの操作やアプリの画面を動画にしたい場合、ソフトをダウンロードして機能を試すことはオススメです。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード








comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved