X
ホームチュートリアルWindows・Macから復元 > パソコンデータ復元

削除されたパソコンのデータを復元・復旧方法

HDDのスペース解放するため、ゴミ箱の中にたくさんのデータは削除された。メールやら写真やら、歌とビデオを含んでいた。意外に大切な写真は削除された。それに、その写真のバックアップは持っていなかった。どうすればいいのかと思う時、データリカバリー というソフトを発見した。このソフトはMac とWindowsのシステムのためにデザインされてきたのです。

五つの特性がある

1.550種違うフォーマットのフォルダを復元できる

2.メール、写真、ビデオ、オーデイオなど完全に復旧可能

3.無料試用版を利用すると、失われたファイルをプレビュー可能

4.回復経験を問わず、リードオンリー、安全、お得なソフト

Macでのデータを失い、その大切な物を復元したかったら、「データ復旧」を試みてください。これから失いたデータの復元について説明します。Windowsの使用者だったら、下のWindows版をダウンロードしてください。


注意:データを失ったパーディションで、このソフトをインストールしないでください。
Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード



Macの消えたデータを復元しましょう!

1
「失われたファイルの復元」モードを選びます
一つのパーディションから、あるいはリムーバブルメディアから、「Command + Delete」を押してゴミ箱中のデータを削除した場合、このモードでデータを復元します。このモードで数分だけかかるので、一番おススメします。しかし、もしデータは相変わらず戻らなかったら、「Rawファイルの復元」モードを試みてください。


データリカバリー 起動

2
ゴミ箱を選んで、「スキャン」をクリックします。
Macは数個以上のドライブがあったら、「スキャン」をクリックして、失われたデータを探します。
場所 選択

3
Macのゴミ箱から、ファイルのプレビューと復元。 「スキャン」は完了した後、失われたファイルは元のところと一緒に並んできます。図書館、デスクトまたはゴミ箱から削除されたデータはTrashフォルダに回復ことを決めます。あるいは、早めにデータを回復したいと、検索欄にファイルの名前を入力し、ファイルを検索します。プレビューからファイルの内容についてフォーマットやら、文書やら、アーカイブやらが確定できます。
注意:探しているファイルはもう見つかった場合、またはしばらくパソコンを離れなければならない場合は、「一時停止」または「停止」を選びます。「一時停止」を選んだら、検索の結果を保存してお暇な時間で引き続けてもいいです。

4
復元したファイルは元のところに保存しないでください。 「復元」をクリックしてから、ファイルが復元可能です。復活したファイルは元のところに保存しないでください。でないと、復活したファイルは新しいファイルに上書きされることになります。


失われた データ 復元


注意:ゴミ箱でデータを削除する前、シッカリチェックします。大切なデータがあったら、マークを付けて、ゴミ箱から復旧します。

データリカバリーについて

今後同じ問題があったら、このソフトを使ってください。同時に「Rawファイルの復元」、「パーティションの復元」、「iTunesからiPhoneファイルの復元」と「復元の再開」の四つのモードを提供しています。


Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved