X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > ファイル 管理 File Explorer

マルチデバイス上のファイル管理にFile Explorerだけで十分

日常生活の中で、このようなシーンに見覚えがありませんか。

・リビングルームでiPhoneで遊んでいる時、書斎でのパソコン上のファイルを調べなければならないが動きたくありません。

・ベッドに寝転んでiPadで遊んでいる時、急にパソコン上のビデオを見たいが、温かい寝床から離れたくありません。

・ノートパソコン上のファイルをデスクトップパソコンにコピーしたい時、なかなかUSBを見つけられません。

これらの問題の共通点は、独立したファイルシステムを利用することに不便を覚えることです。

このような問題を解決するために完璧な解決案があるかと言ったら、まず頭の中に出てくることは何でしょうか。答えはファイルを一括管理することです。続きまして、最適解決案「ファイルを一括管理するネットワークを構築し、ファイルをマルチデバイスで対応」を説明します。

・何故マルチデバイスの間に転送するのか
・対策案の比較
・設置方法
・実現機能

何故マルチデバイスの間に転送するのか


今現在は既に1台のノキアガラケーで一切の問題を解決できる時代ではありません。引き続き細分化していく生産と生活ニーズに応じるために、デバイスをより細分化、分業化させる必要があります。その同時に、異なるサイズのデバイスもちょうど異なる利用ニーズを満足しています。

利用ニーズというと、先ず「ポータブル性」と「ニーズに応える機能を搭載」を考えなければならないが、この二つの要素は正反対の関係です。

例えば、サイズが小さいiPhoneは音声通信やメッセージ通信に相応しいが、閲覧・学習とビデオ・ミュージックに相応しくない、しかしながら、これはミドルサイズのiPadの強みです。

サイズが大きく、また複雑なシステムを搭載しているパソコンは、大規模オンラインゲームと繁雑な作業を担当しています。

マルチデバイス File Explorer 通信

これで、アップルが出したiPadは多種類のサイズに分けて販売する理由もはっきり分かりました。

デバイスが多くなるとニーズも満足出来ると言えるが、マルチデバイスというとやはりいくつかの独立したファイルシステムが存在しているということです。多くの人のファイルは16Gと64Gのスマートフォンに、パソコンのハードディスクに、オンラインストレージに分散しています。

ファイル 管理 File Explorer

あるファイルを特定のデバイスで見る時、複数のデバイス間のファイル転送問題、また分散されたデバイスで悪い体験も出てきます。

ファイルシステム間のギャップを埋めるために、高効率及び高頻度のファイル転送を対応できるマルチデバイス管理の解決案が必要となります。

既存ファイル転送方法より便利なデバイス管理


今現在、よく見られるマルチデバイスファイル転送方法は多くあり、例えば、各種類のファイル転送ツール、クラウドストレージの同期ツール等です。しかし、このような解決案はまだまだ上記の要求には応えられません。

普通の転送方法はだいたいP2Pのモードを採用しているので、毎回はただ1台のデバイスにアクセスでき、ステップも複雑です。例えば、今多くの人に使われている「LINE」、「WeChat」[这类中国相关的软件、应用、网页可以替换成日本那边的东西。]でファイルを転送すると、毎回毎回確認して登録しなければならないのは、高効率と高頻度の要求を満足できません。

File Explorer オンラインストレージ Dropbox

また、DropboxのようなオンラインストレージはP2Sの転送モードを採用してこの問題を解決したが、第四者――「オンラインストレージ」を通さなければなりません。

これによって、デバイス上のファイルが更に分散されるかどうかはともかく、Dropboxを利用している間には複数のデバイスでファイルをアップロード・ダウンロードする必要があるため、マルチデバイス管理の要求には合いません。

File Explorer ファイル 転送

ファイル転送と管理に関する厳しい要求に対して、File Explorerのようなソフトは完璧な答えを出しました。

File Explorerはファイル管理ツールで、「写真」「iCloud Driveファイル管理」等の基本機能を搭載する他、色々な主流のオンラインストレージ、例えば、Western、Dropbox、One Drive等も集約しています。

File Explorer ファイル 管理 優位性

オンラインストレージのみならず、Mac OS X、 Windows 、Linux/Unix等の主流のパソコンシステムにもアクセスできることを通じて、ローカルネットワーク上でファイル共有機能を利用してパーソナルエリアネットワークを作り、マルチデバイスでパソコン上のファイル管理を実現します。

他の解決案と比べて、File Explorerの優位性は主に以下のようです。

・マルチデバイスモード

例えば、一台の iPhoneでパソコンとオンラインストレージ上のファイル管理ができます。

・ファイルシステムが統合された

例えば、iPadを利用して、オンラインストレージに同期している特定のファイルではなく、パソコンデスク上のあらゆるファイルに目を通すことができます。

オンラインストレージの機能はここで省略して、次はiOS–Windowsを例としてパソコン上のファイルを管理する設定方法と実現機能を説明します。

1、設定方法


パソコンシステムに接続するには、同じWi-Fiネットワークにアクセスしてからこそ実行可能、またパソコンシステム上の詳細な共有のインターフェイスを通じてハードディスクに接続します。

要するに以下の3つの部分に分けられます。

・同じWi-Fi環境
・システムインターフェイスに接続可能
・アクセス権限と管理権限をもらう

iOS側とWindows側に分けて設定方法が簡単です。

①Windows側
Windows 10を例として、まずは共有したいフォルダを右クリック→共有>詳細な共有→詳細な共有→「ファイルの共有」の下で「Everyone」を追加→「読み取り/書き込み」を選択して「共有(H)」をタップ→最後はWi-Fiに接続します。

File Explorer ファイル ダウンロード パソコン

②iOS側

File Explorerをダウンロード→パソコンと同じWi-Fiに接続→File Explorerを開く→これでパソコンデスク上のファイルを直接に見ることができます。そして、File Explorerが既にパソコンのネットワークの位置をホームページに保存しています。

複数台のパソコン上のファイルを見たいなら、一々設定することが可能です。これから、設定済みのパソコンとスマートフォンは同じWi-Fiに接続している限り、スマートフォンでパソコン上のファイルをアクセスまたは管理することができます。

2、対応機能


①ファイル転送
パソコン→iOS:iOSデバイスを利用して転送したいファイルを見つけ、「ダウンロード」をクリックし、ファイルを「ローカル」にダウンロードして転送が完了です。

iOS→パソコン:転送したい写真に対して、File Explorerホームページの「写真」を開き、写真をパソコンまでコピーすればいいです。そのほかのアプリ上のファイルに対して、iOSの共有機能でFile Explorerに共有して、ポップアップ中の「パソコン」を選んで転送することができます。

パソコン→パソコン:複数台のパソコンを追加したら、iOSでAパソコンでの転送したいファイルを見つけて、Bパソコンのデスクまでコピーすればいいです。これで、USBを使わなくて済みます。

②ファイル管理

iOSデバイスでパソコンデスクにアクセスしてから、パソコン上のファイルに対してリネーム、コピー、移動、削除等の操作が実現できます。

③プレビュー

File Explorerは色々なファイルをサポートできるので、転送する前に直接にドキュメントまたは写真、更にMarkdownのプレビューが見られます。

④映像を流す

iOSデバイスでパソコン上の音楽または映像を直接に流せます。

終わりに


以上は主にiOSデバイス側とパソコン側を巡って説明しました。しかし、iOSデバイスの間にファイル管理が実現できないが、File Explorerの「iCloud Drive」を通じてiCloud Drive上のファイルを管理できます。

パソコンをWi-Fiホットスポットにすると、File Explorerはパソコンのネットワークの位置を判断できない場合、以下の手順で追加可能です。

File Explorer中の「PC名或いはIPアドレス」にパソコンのIPアドレスを記入し、またアカウントとパスワードを記入すればいいです。

IPアドレスが分からない時、「CMD」の中で「ipconfig」と入力して、エンターキーを押したら、IPv4アドレスの右側には自分のIPアドレスが表示されています。また、直接にブラウザで「本機の IP アドレス」を調べればいいです。

File Explorer ファイル管理 バージョン アプリ

File ExplorerのiOSバージョンであろうと、Androidバージョンであろうと、無料版と有料版があります。その中、無料版はオンラインストレージでのファイル管理とWebDAV、FTP協議及びNASネットワークアタッチトストレージをサポートできないが、当文章の述べた機能は全部応えられます。

この解決案は目前、マルチデバイスに分散されたデータを管理する問題に対する最適案だと思われます。

File ExplorerはiOS 8.0+のiPhone、iPad及びAndroid 4.0.3+のデバイスに適用し、iOSバージョンが49.9 MB、500円の有料版と無料版を提供するとともに、Androidバージョンは10.64MB、375円の有料版と無料版を提供します。





comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved