X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > iPhone バッテリー 減り 早い

iPhoneバッテリーの減りが早い?低温が原因かも!

冬になって、外でiPhoneを使ってみると、さっきまで20%か10%の電池が突然1%になって、iPhoneが自動落ちます。こういう時はありませんか?まさか電池が劣化してしまいましたか?電池を交換しなければなりませんか?

iPhoneのバッテリーの最適温度と言えば?


実は、iPhoneのバッテリーが低温に弱いです。Appleサポートページには、iPhone、iPad、iPod、Apple Watch、MacBookの最適な温度の範囲が記載されています。iPhone、iPad、iPod、Apple Watchの最適な温度の範囲は0℃から35℃までで、MacBookの最適な温度の範囲は10℃から35℃までです。

iPhone バッテリー 減り 早い

その原因は、0℃以下の低温でiPhoneを使うと、デバイスは温度を調整するために動作が変化することになります。よって、バッテリーの消耗が一時的に激しくなり、デバイスの電源が切れやすいです。温かい環境に戻れば、バッテリーも正常になります。

iPhoneやほかのスマートフォンに多用しているリチウムイオン二次電池は寒さに弱いです。iPhoneは0℃以上なら動作できますが、パフォーマンスを最大化するために、おすすめの温度範囲は16℃から22℃です。高温になっても、iPhoneが起動できません。特に35℃以上の周囲温度はバッテリーに損傷を与え、容量が回復不可になりかねないです。高温でデバイスを充電したら、より深い損傷になるので、ご注意ください。

ですから、夏になったら、気温が高い日にもiPhoneの周囲温度を注意すべきです。iPhoneが高温になると、以下の警告を出します。

iPhone バッテリー 減り 早い 温度

バッテリーの駆動時間と耐用年数を延ばすことについては、Appleの公式サイトで詳しく説明されています。

もしiPhoneがもう外の低温で冷やしてしまった場合、急激にiPhoneを温めてもいけないです。寒い天気で室内に入るとメガネが曇ってしまう。同じように、スマホを室外から室内に持ち込むと結露します。水没と同じように、電子機器の回路をショートさせ、動作しなくなります。

iPhone バッテリー 減り 早い 気温

ですから、常にiPhoneを裏ポケットに入れて肌身離さず持つか、ケースに入れることがおすすめします。気温が寒すぎると、電源が落ちて、データが紛失する危険性もありますので、電源を切っておくほうがいいですが、緊急の連絡があったら困ることになります。ですから、状況に応じて決めてください。

iPhone バッテリー 減り 早い 落ちる

ちなみに、iPhone 6sを使っている場合、0℃以上の環境にもiPhone電源が突然落ちるなら、バッテリーが不具合の可能性があります。

2015年9月から10月で製造された一部のiPhone 6sが突然シャットダウンする問題があり、Apple公式サイトにはバッテリーを無償交換するプログラムがあります。iPhoneのシリアル番号を入力すれば、自分のiPhoneが対象かどうかわかります。

もしiPhone 6sを使っていて、この問題が発生する場合、Appleの問題説明を参照してもいいでしょう。






comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved