X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > iCloud 使い方 設定

iPhoneを使うと知っておきたい:iCloudの使い方

iCloudとは、Appleによる運営されるクラウドサービスで、iPhoneやほかのiOS端末のデータを自動的に保存してくれます。端末のデータをバックアップすることや端末間でデータを同期することができ、不具合が発生した時や機種変更の時など、いろいろな使い道があります。

ほかのクラウドサービスもありますが、iCloudは自動的にiPhoneのデータをほぼすべてバックアップできるので、iPhoneを使っていれば、iCloudは大変便利な機能です。

iCloud とは 紹介

iCloudは無料で使えますが、無料サービスで使えるストレージ容量は5GB以下です。容量を拡大したい場合、有料プランを購入する必要があります。

iCloudを設定する方法


iCloudを使うには、まずApple IDでiCloudをサインインする必要があります。

1.iPhoneの「設定」を起動し、「iCloud」をタップします。そして、Apple IDとパスワードを入力し、サインインします。

iCloud 設定 iCloud 設定 Apple サインイン

ここで位置情報の共有やデータの結合が訊かれます。iCloudの機能を利用するために、普通は「使用」と「結合」を選択します。

iCloudをサインインした後、「iPhoneを探す」はオンになります。

iCloud 設定 iPhone 探すiCloud iPhone 位置情報 共有

これで、iCloudが設定されました。このように、すべてのiOS端末でiCloudをサインインしましょう。

iCloudでバックアップと復元


iPhoneの不具合でデータがなくした場合や機種変更で新しいiPhoneに乗り換える場合、もしバックアップがなければ、アプリの再インストールや再設定が面倒になります。iCloudのバックアップ機能を利用すれば、すべてのデータをそのまま移動でき、新機種をすぐ元のiPhoneのように使えます。

iCloudでバックアップするには、iCloudの設定で、バックアップを有効にする必要があります。すると、すべてのデータが毎日自動的にiCloudにバックアップされます。「今すぐバックアップを作成」をタップすることで、手動でバックアップを作ってもいいです。
しかし、無料サービスを使う場合、5GBのストレージしか使えません。iCloudでは、バックアップする対象を設定できるので、サイズが大きすぎるデータをバックアップ対象から排除することができます。

iCloud iPhone バックアップ

iPhoneをiCloudで復元する時、まずiPhoneをリセットする必要があります。

iCloud iPhone リセット

設定を起動し、「一般」>「リセット」の順にタップします。「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップすれば、iPhoneがリセットされます。そしてiPhoneを再起動し、iOS設定アシスタントでiCloudのバックアップから復元できます。

iCloud iPhone 復元 とはiCloud iPhone サインイン パスワード

iCloudでアプリのデータを同期する


複数の端末を所持している場合、iCloudでアプリのデータを同期するのは便利です。メモやカレンダー、連絡先などのデータを同期することができます。ここでカレンダーを例として説明します。

iPhoneのカレンダーで新しく予定を作ります。

iCloud iPhone 同期 設定

そして同じApple IDを登録していたiPadでカレンダーを起動すれば、さっき作成したカレンダーが見えます。

iCloud iPhone iPad カレンダー

iCloudで同期するアプリは設定のiCloud画面で設定できます。

iCloud iPhone サービス 依存

それ以外、「iPhoneを探す」などの機能もiCloudサービスに依存しています。

以上がiCloudの基本的な使い方です。写真や音楽などのデータも同期できますので、iPhoneで早速iCloudを設定しましょう。

iCloudにバックアップがあればデータの抽出もできる

バックアップを取っていれば、万が一データが紛失しても怖くありません。「iPhoneデータ復元」を使えば、iCloudバックアップからデータを抽出することもできます。iCloudのバックアップをこまめに取っておくことをおすすめします。





comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved