X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > iPhone 紛失 iPhoneを探す

iPhoneが紛失したらどうする?「iPhoneを探す」機能が役に立つ

大切に使っているiPhoneが突然なくしたら、困ります。しかし携帯をどこかに忘れて、見つからない場合はどうすればいいでしょうか?iPhoneを紛失したら慌てず、次のステップにフォローしましょう。

一、自分のiPhoneに電話をかけます

もし携帯が近くにある場合、iPhoneを鳴らせば見つけられます。外で紛失したら、拾った人が電話に出る可能性もあります。

二、もしApple Watchを持ってる場合、Apple WatchでiPhoneを探す

Apple Watchで、iPhoneの機内モードやマナーモードを切り替えられます。切り替える時、Apple WatchがiPhoneに音を出させます。携帯が近くにある場合、この機能でiPhoneを見つけられます。

三、「iPhoneを探す」機能でiPhoneを探します


外でiPhoneをなくしたら、「iPhoneを探す」機能でiPhoneを見つけられます。
まずパソコンでiCloudにアクセスします。
そしてiPhoneで使っているApple IDでサインインします。

iPhoneを探す 紛失 機能 サインイン

サインインした後、「iPhoneを探す」をクリックします。

iPhoneを探す 紛失 機能 アイコン

「iPhoneを探す」を開けると、地図が表示されます。紛失したデバイスが緑の丸として表示されます。緑の丸をクリックし、右上の「紛失モード」をクリックすれば、自分のiPhoneを紛失モードに切り替えます。

iPhoneを探す 機能 紛失モード 連絡 画面 表示

拾った人が自分に連絡できるために、自分の連絡先を入力します。入力した連絡先はiPhoneの画面に表示されます。

iPhoneを探す 機能 電話番号 入力 連絡先 

次は、メッセージを入力できます。ここで入力されたメッセージはiPhoneの画面に表示されます。

iPhoneを探す 機能 メッセージ 入力 情報 提供

「完了」をタップすれば、設定が完成します。iPhoneが紛失モードに入ります。

これで、iPhoneを拾った人は画面で表示される連絡先で、自分を連絡することができます。紛失モードでは、iPhoneに保存されている情報やデータが漏らす可能性が低いです。

iPhoneを探す 機能 タップして電話 緊急

「iPhoneを探す」を利用するには、紛失した前に、自分のiPhoneで「iPhoneを探す」機能をオンにする必要があります。

iPhoneで、「設定」>「iCloud」>「iPhoneを探す」の順にタップし、「iPhoneを探す」をオンにすればいいです。iCloudで、自分のApple IDでサインインする必要があります。ですから、Apple IDのIDを覚えるか、どこかにメモしておいて、絶対に無くさないようにしてください。

iPhoneを探す 機能 紛失 設定 オン

四、新しいiPhoneを購入する

iPhoneが紛失されて、あるいは盗難に遭って、どうしても見つからない場合、新しいiPhoneを購入しかありません。この場合、「iPhoneを探す」機能でiPhoneを紛失モードに切り替えて、iPhoneのデータを消去しましょう。IPhoneの電源がオフになっても、次に電源が入った時そのiPhoneのデータが消去されます。

万が一に備えて、通信事業者に回線を止めてもらったほうがいいです。具体的の操作する方法は、通信事業者に連絡しましょう。Apple IDのパスワードや携帯で使うほかのアカウントのパスワードも変更しておくべきです。

これらの手続きが完成した後、新しいiPhoneで自分のApple IDでサインインすれば、iCloudですべてのデータを復元することができます。
結論を言いますと、やはり「iPhoneを探す」をあらかじめ設定しておくことが大切です。自分のApple IDを大切にしましょう。







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved