X
ホームチュートリアルiPhone復元 > iPhone 画面 暗い

iPhoneの画面が暗くなる時の対策

iPhoneの画面は操作や通知がなければ自動的に黒くなりますが、不具合が発生する場合、iPhoneの画面が暗くなって操作しても表示されません。その時の黒い画面が不具合の異常症状になります。

iPhoneの明るさの自動調整により、画面が暗くなってほとんど見えなくなるような可能性もあります。明るさが足りないため、iPhoneのスクリーンをタッチしても画面は見えないせいで反応がなさそうです。その場合、スクリーンをきちんとチャックすれば、ぼんやりととしたiPhone画面が見えるはずです。

その場合、「ホーム画面」>「設定」>「画面表示と明るさ」>「明るさの自動調整」で、自動調整をオフにすることで元の状態に戻ることができるはずだが、画面が見えないなら操作も不可能でしょうね。

では、その場合、どうすればいいですか?本記事はiPhoneを操作することで黒い画面を正常に戻る方法と、ソフト「iOSシステム修復」でiPhoneの暗くなった画面を修復する方法を紹介します。

Windows版ダウンロードMacダウンロード

iPhoneの画面が黒くなるとどうする?


方法一:iPhoneに充電
iPhoneが急に暗くなったら、とりあえず考え出したのは「充電してみる」という方法でしょう。充電不足なので画面が黒くなることはよくあります。充電する前に、iPhoneのホームボタンなどを長押したら、画面が「充電不足」と表示されるかもしれません。その場合なら、一時間ぐらい充電してみれば正常に戻るはずです。

方法二:iPhoneを刺激する
iPhoneシステムは不具合がありませんが、ボタンやスクリーンなどのせいでタッチしても反応がない場合があります。どちらの問題だとチェックしたいなら、iPhoneにメッセージを送ったり電話したりしてください。iPhoneは反応があって暗くなった画面も表示するかもしれません。

方法三:再起動
刺激してもiPhoneは反応がないなら、万能薬の再起動を試しましょう!
iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時的に長押して、アップルのアイコンが表示されたら再起動することができます。です。

方法四:「iOSシステム修復」で暗くなった画面を修復
以上の方法でもiPhoneの黒い画面を救えないなら、専門的な修復ソフト「iOSシステム修復」でを救いましょう!

iPhone 黒い 画面 修復

「iOSシステム修復」で暗くなったiPhoneを修復


1
「iOSシステム修復」を実行
ソフトをダウンロードしてインストールしたら、起動してください、左側メニューの「その他のツール」を押せば、「iOSシステム修復」が表示されます。本機能を選んで、「スタート」をクリックしたら関連紹介を閲覧出来ます。その後、次へ進んでください。
iPhone システム 修復 ヘッドフォンモード

2
携帯の情報を確認
iOSシステム修復機能を始めるなら、iPhone・iPadの異常状態がソフトにチェックされます。「確認」をクリックして、モデル番号などの携帯の情報を確認してください。最後、「修復」をクリックすれば、iOSデバイスの暗くなった画面に対応する修復が始まります。
iOS システム 修復 ヘッドフォンモード


3
それ相応のファームウェアパッケージをダウンロードする
画面が暗くなるiPhone・iPadの修復をするために、対応するファームウェアパッケージがダウンロードされます。修復する間に、端末の操作や接続の解除はやめてください。修復が完成すればiPhone・iPadの画面が元の状態に戻ります。
iPhone システム 修復 ヘッドホンモード

「iOSシステム修復」を通じてiPhone・iPadの修復を完成すれば、iPhone・iPadのiOSバージョンが最新になります。

物理的な損害の場合は修理に出す!

ソフトは「iOSシステム修復」は異常のシステムを修復できますが、端末が物理的な損害のせいで破損してしまった場合には対応しません!その場合、端末をiTunesに接続してからバックアップを取っておき、そしてiPhone・iPadを修理を依頼してください。

Windows版ダウンロードMacダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved