X
ホームチュートリアルiPhoneデータ削除 > Safari履歴削除

知られたくないsafariの検索履歴・閲覧履歴の削除方法

iPhone・iPad・iPodユーザーがiOSデバイス手放す・貸し出すする時には、個人情報を守るために、データを削除するのでしょう。個人情報が流出するデータは、一体何種類があるのでしょうか。写真や連絡先以外にも、ブラウザ、つまりSafariの履歴が一番危険です。検索履歴、閲覧履歴を含むSafariの履歴は、ネットで何を検索して何を閲覧していたのかが分かる、とてもプライベートの情報です。iPhoneが他人の手に渡る時には、他人に知られたくないSafariの履歴を削除した方が無難です。

Safariの履歴を削除するには、二つの方法があります。一つ目はSafari自身の機能で履歴を削除します。二つ目は、完全に復元されないようにソフトで、例えば「iPhoneデータ消去」のような消去ソフトで徹底的に消去することです。どれの方が必要にあってるかを、一緒に見てみましょう。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード


モード1:Safariの設定から履歴を削除する


iOS 8から、Safariの履歴削除機能が更に簡易になりました。

1
ホーム画面から「設定」のアイコンをタップしましょう。

2
設定のメーニューから「Safari」の項目が見えます。「Safari」をタップしてください。

3
「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすれば、履歴を削除することができます。まとめて削除できるので便利な機能です。

この手順で行った削除は普通の削除で、復元されることは理論上可能となります。もしiPhoneを譲渡する必要があり、完全に履歴を抹消したいのなら、ソフトで消去するのをおすすめします。

モード2:データ消去のソフトでのSafariの履歴の消し方


1
「iPhoneデータ消去」の個人情報消去機能でSafariの閲覧履歴、検索履歴を抹消するには、「iPhoneデータ消去」のソフトをインストールする必要があります。インストール後、ソフトを起動し、iPhoneをPCと接続してください。
iPhone 接続

2
「個人情報を消去」のモードを選択して、「スキャンを開始」で情報を検出します。
個人情報 削除

3
「Safari履歴」の項目を選択し、右下の「今すぐ消去」をクリックしましょう。因みに、Safari履歴以外にも、別種類の個人情報データを消去できます。
Safariの履歴 検出

4
「消去」を入力する入力確認で本当の消去作業に入ります。削除されたデータは復元ソフトで復元できないので、良くご確認ください。
Safari 履歴を消す 確認

5
消去時、残り時間を確認できます。消去完了後、Safariの閲覧履歴、検索履歴などの履歴は完全に削除されます。
Safari履歴 消去成功

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved