X
ホームチュートリアルiPhoneデータ削除 > Safariキャッシュ削除

Safariのキャッシュをきれいにクリアできる方法

iPhone・iPad・iPodユーザーに馴染みのブラウザ・Safariは、長く使っているうちにキャッシュなどのデータが溜まり、動作が遅くなります。これは、Safariだけに影響しているのではなく、iPhone全体の動作にも関係しています。もし使えば使うほどiPhoneの動作が重く感じるなら、Safariのキャッシュをクリアすることが強くお薦めします。また、Safariのキャッシュには個人データを記録しています。iPhoneを手放時、プライバシーを守るために、Safariのキャッシュを含めて、iOSデバイスの中の個人情報を削除した方がいいです

Safariのキャッシュを削除する方法は一つに限りません。ここでは、主にiOS元来付いてるSafariのキャッシュクリア機能と、ソフト「iPhoneデータ消去」を使って削除する方法を紹介します。「iPhoneデータ消去」は、iPhoneのキャッシュを含めて様々なデータを徹底的に消去できる消去専門のソフトです。早速、この二つの方法を見てみましょう。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード


モード1:iOS 8の設定からSafariのキャッシュを削除する



iOS自体にも、Safariのキャッシュクリア機能が付いています。以下の手順で、Safariのキャッシュを空にすることができます。

1
まずは、ホーム画面から、「設定」をタップして、設定画面に入ります。

2
設定画面から、iPhoneのアプリごとを設定することがえきます。中に、「Safari」の設定画面に入りましょう。

3
そして、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすれば、履歴とデータを消去できます。

iOS8では、Safariのキャッシュ削除機能は簡易化され、一括消去できるようになりました。しかしこれで、履歴を残して、Cookiesとデータだけを初期することができなくなりました。

モード2:「iPhoneデータ消去」でSafariのキャッシュを削除する


「iPhoneデータ消去」は、iOSデバイス専用のデータ消去ソフトで、優秀なクリーン機能を持っています。Safariキャッシュみたいな個人情報データを、プライバシーを守るために復元不可能までに削除することができます。また、iOSの設定と違って、Safariの履歴とCookiesを削除せずに、単にSafariのキャッシュをクリアすることもできます。キャッシュクリアについて、より多い選択肢をユーザーに提供できます。

1
はじめに、「iPhoneデータ消去」をインストールし、iPhoneを接続しましょう。
Safari キャッシュ 削除 接続


2
左側の「個人情報を消去」をクリックし、「スキャンを開始」でスキャンさせます。
個人情報 削除 モード


3
そしたらSafariのキャッシュなどの個人情報は検出されます。キャッシュを選択し、「今すぐ消去」をクリックしてください。
Safari キャッシュ 検出


4
削除されたデータは復元不可能になるため、もう一度消去を確認する必要があります。「消去」を入力し、「今すぐ消去」で消去開始。
Safari キャッシュ 消去 確認


5
削除が完了するまで、少々お待ちください。
Safari キャッシュ クリア中


6
プロセスが完了したら、Safariのキャッシュはきれいにクリアされたはずです。
Safari キャッシュ 消去完了

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved