X
ホームチュートリアルiPhoneデータ削除 > iPhoneカレンダー削除

iPhoneのカレンダーの内容を削除する方法

iPhoneのカレンダーは活用できればとても便利なアプリになれます。イベントやスケジュールなどを詰め込めば、毎日の日程を細かく管理することもでき、忘れごとを減少できます。また、日付で事項を記入することができるので、細かい仕事内容がある人にはとっても便利な機能です。でも、カレンダー内に様々な事項を書き込むと、自分のスケジュールとプライベート事項、仕事の内容が他人に筒抜けされてしまう可能性もあるということです。個人情報・仕事内容の漏洩を防ぐために、カレンダーの内容を削除・消去する必要もあります。

iPhoneのカレンダーを削除するには、iPhone単体を操作することだけでもできます。ただし、更に高ランクの消去を求めている方もいますので、iPhone単体での削除方法と、消去ソフト「iPhoneデータ消去」を使って完全に消去する方法両方を紹介します。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード


iPhoneだけでカレンダーの予定を削除する


1
iPhoneのホーム画面から、「カレンダー」アプリを開きます。日付をタップし、削除したいカレンダー予定をタップすれば、イベントの詳細を見れます。

iPhone カレンダー

2
削除したいイベントの詳細画面の右上の「編集」をタップ。

iPhone カレンダー 編集

3
編集メニューをスワイプして、一番下で「イベントを削除」がありますので、タップしてください。

iPhone カレンダー イベントを削除

4
そうすれば、カレンダーのイベントを削除する最終確認に入ります。もう一度「イベントを削除」をタップすれば、そのイベントをカレンダーから削除できます。

iPhone カレンダー 削除 確認


「iPhoneデータ消去」を使ってiPhoneのカレンダーを完全にリセットする


iPhoneだけで消す方法は、自分のカレンダー管理の時には十分使えます。ですが、カレンダーのデータを完全に削除したい時には、まだ一歩足りないです。iPhoneだけで消すデータは、理論上、復元される可能性はあります。安全性重視の人には、「iPhoneデータ消去」でもう一度完全に消すことをおすすめします。早速、手順を見てみましょう。

1
PCでの「iPhoneデータ消去」のインストールが終われば、カレンダーの消去作業を始められます。まずはiPhoneをパソコンと接続します。
iPhone PC 接続

2
「削除されたデータを消去」のモードを開始します。「今すぐスキャン」をクリックしましょう。
iPhone 削除したデータ 消去

3
スキャンが終われば、一度削除されたけど、再度復元可能なデータは表示されます。「カレンダー、リマインダー」の項目にチェックを入れれば、カレンダーの内容を特定できます。更に右のリストから、完全に消したいカレンダーを選択してください。最後は右下の「今すぐ消去」を押します。
iPhone カレンダー 完全消去

ご注意:消去されたデータは復元不可能になりますので、よくご確認してから消去してください。

4
削除されたカレンダーの内容は自動的に完全消去され、完了のメッセージが出る前には待つだけです。
iPhone カレンダー リセット完了


Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved