X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > iPhoneアプリ削除

簡単!iPhoneのアプリを削除する方法

iPhoneに元々体験のいいアプリが搭載されていたが、例えブラウザSafari、カメラ、FaceTime等、しかし使い慣れたアプリだけを使いたいという気持ちも理解できます。¬アプリの機能がいいものの、これまでとの使用習慣に合わないと使う気がありませんよね。またプリインストールアプリと同じ役目のアプリをiPhone/iPadにダウンロードしたら、容量を大きく占められることを心配?iOSをさらに有効に使えるように、iPhoneのプリインストールアプリを我慢してまで必要がない、削除すればいいです。
ここで他のツールも利用することなく、iPhone本体でただ数タップで不要な削除できないアプリを削除できる二つの方法を紹介します!

ダウンロードしたiPhoneのアプリを削除する方法

AppleのiOSは一見したところ、複雑そうに見えますが、アプリの削除には意外簡単です。
iPhoneのミュージックを削除できない時の対処法」もどうぞお見逃しなく!

1
ホームで直接アプリを削除する
削除して欲しいアプリのアイコンを長押しして、アプリが揺れるようになります。そして、アプリの左上で「×」が現れ、「×」をタップするとアプリを消去できます。

2
ストレージ管理からアプリを消去する
「設定」→「一般」→「使用状況」→「ストレージを管理」の項目でアプリの容量を見ながら、削除しようとするアプリをチョイスすることができます。iPhone/iPadの空き容量を増やしたい方にこの方法がおススメです。


iPhoneのプリインストールアプリまで削除する方法

1
iPhoneをアンロックして、ホームに入ります。「設定」をワンタップしてください。
iPhone ホーム

「一般」をワンタップしてください。
iPhone「一般」

2
機能制限」を選択します。ここでパスコードを入力するのが必要です。
このパスコードはアンロック時に使用するパスコードと同じです。
iPhone「機能制限」iPhoneパスコード入力

3
削除してほしいデフォルトアプリをオフにしたら、消去できます。また復活したくなった場合は同じ手順でオンにすれば復活します。
iPhoneアプリ消去

ポイント

もし誤ってよく使うアプリを消去してしまうことに恐れると、「機能制限」の一覧で「Appの削除」をオフにすることによって、ホームでアプリのアイコンを長押ししてもアプリは削除されないようになります。

以上がiPhoneのアプリを削除する方法です。







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved