X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > スマホ iPhone クリーナー

汚れたスマホやiPhoneを掃除する方法

スマホやiPhoneを使うと、液晶には指紋などの汚れが付着することがあります。スマホを清潔したいですが、スマホやiPhoneを手入れする方法がわからないと、汚れの状況を悪化させるかもしれません。ここで、スマホやiPhoneを綺麗にする方法や注意点をまとめてみました。もし良ければ、ぜひ参照してください。

スマホやiPhoneを掃除する時使ってはいけないもの


1.ティッシュ

スマホ iPhone 掃除 ティッシュ

携帯の画面を清潔する時、ティッシュを使う人が多いです。しかしティッシュでスマホやiPhoneの画面を拭くと、汚れが画面全体に広げられてしまいます。綺麗に見えても、汚れが薄くなっただけです。

2.ウェットティッシュ

スマホ iPhone 掃除 ウェットティッシュ

皮脂などの汚れを清潔できますが、ウェットティッシュの水分がベタつきや拭き後を引き起こします。滑りが悪くなって、指でのフリップ操作も引っかかってしまいます。

3.目の粗い布

スマホ iPhone 掃除 目の粗い布

ハンカチなどでスマホの画面を拭くと、画面の傷の原因にもなります。

スマホやiPhoneで使えるクリーナー


1.クリーニングクロス

スマホ iPhone 掃除 クリーニングクロス

スマホ画面掃除の定番とも言えます。メガネ拭きにも使われるので、ティッシュやタオルで拭くより、皮脂をしっかり吸着できます。

2.スマホ専用のウェットティッシュ

スマホ用ウェットティッシュ

普通のウェットティッシュ以外、スマホ専用のウェットティッシュもあります。専用の清潔剤を使用しますので、スマホの画面をしっかり綺麗にすることができます。

3.スマホ専用のクリーニングリキッド

スマホ用クリーニングリキッド

ディスプレイ専用のクリーニングリキッドは、ディスプレイの清潔剤のようなものです。ティッシュや柔らかい布などに染み込ませて使いましょう。

このアイテムを使えば、普通のティッシュもスマホ用のクリニングウェットティッシュにすることができます。

4.スマホ用のコロコロクリーナー

スマホ用コロコロクリーナー

コロコロクリーナーといえば、服を清潔する印象は強いですが、スマホ専用のものもあります。スマホ画面に付いている汚れを粘着力がついている素材で除去することができます。汚れても、洗って繰り返して使えるタイプなので、経済的です。

スマホやiPhoneを掃除する時注意すべき点


スマホやiPhoneを掃除する時、画面の掃除以外にも注意すべきところがあります。

ホームボタン、スリープボタン、フロントグラス周りの隙間には、汚れが溜まっている場合があります。そんな時、柔らかい布で拭き取ってください。汚れが固まって取りにくい場合、乾かした歯ブラシで取り除いてください。特にボタンの周りを掃除する場合、濡らした布で掃除すると水が入ってしまい、壊れる危険がありますので、注意しましょう。

カメラレンズを掃除するには、画面と掃除する方法はほぼ同じです。掃除しても写真には汚れがついている場合、ゴミが内部に入っているかもしれないので、公式サービスに連絡しましょう。

SIMトレイ、充電口、イヤホンジャックなどの差し込み口には、綿棒で軽く拭きましょう。そしてカバーの掃除も忘れずに。

ちなみに、防水仕様のスマホであれば、実は流水で丸洗いするほうが一番おすすめします。

以上で、iPhoneやスマホを清潔する方法を紹介しました。良ければ、携帯を清潔する時ぜひ参照しましょう。





comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved