X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > Capslock プラス キーボード

キャプスロックキーはこのように使える!?見れば分かる–Capslock + # Win

キーボードのCaps Lockキーは小文字と大文字を切り替える機能以外に他の役割を考えたことがある?

今日はCaps Lockキーを十分に利用して仕事の効率をアップするソフトウェアを皆さんにご紹介する。

Capslock +:Caps Lockキーの機能を大幅に強化する


Capslock +は小文字と大文字を切り替えるCaps Lockキーの機能を強化するツールで、Caps Lockキーの既存機能を影響しない前提に、Caps Lockキーをshift、Ctrl或はAltキーのような修飾キーに変わって、または他のキーと組み合わせてショートカットキーになることができる。

Caplosk plus キーワード キー

主要機能は次の4種類ある:

文字操作のショートカットキー:カーソルを移動し、文字の選択を速くする等

Qbar:快速に検索し、迅速にファイル(フォルダー)、ホームページを開く等
WinBind:窓口とボタンを組み合わせ、それによってボタンを通じて各窓口の間に迅速に切替ることができる

TabScript:指定文字列の入力を速くする。


テキスト操作のショートカットキーを強化する:プログラマやライターに適する

常用的なショートカットキーは次の通り:

Caps Lock + E/D/S/F(上/下/左/右)
Caps Lock + I/K/J/L(上/下/左/右の文字を選択する)
Caps Lock + w/r(左/右に文字を削除する)
Caps Lock + A/G(カーソルは左/右に単語を一つ跳び、英語、コードに特に役に立つ)
Caps Lock +;/P(カーソルを行首/行末に移動する)
Caps Lock + U/O(カーソルから行首/行末までの文字を選択する)
Caps Lock + Backspace(カーソルがある行のすべての文字を削除する)
Caps Lock + Enter(カーソルは行末にあるかどうかにかかわらず原文をカットオフの設定をする前提に換行できる。)
……
注:Caps Lock + F1を押してソフトウェアの詳細なドキュメントを読める。

Qbarクイック起動バー:ホームページ、ファイルとフォルダを迅速に検索する

Caps Lock + Qを押しクイック起動バーを呼び出し、この起動バーはAlfred、Wox、Listary等のツールと類似して、クイック起動バーを通じて、迅速にホームページを検索でき、ファイルとフォルダを開くことができる。

例えば「gキーワード」はGoogleで検索でき、「cl set」を入力しソフトウェアの配置ファイルを開くことができ、関連命令を自ら変更と追加することができる。

Caplosk plus キーワード 検索
Caplosk plus キーワード Wikipedia

上述のテキストのショートカットキーを結合しファイルを上下に選択でき、Caps Lock + Bでカタログ上層部に戻ることができる。

WinBindウィンドウの組み合わせ:最小化或はウィンドウを切り替える。


Capslock +はソフトウェアのウィンドウと数字キーやバッククォートキーを組み合わせて、Caps Lockキーを通じてこれらのウィンドウを気軽に最小化、回復と切り替えることができ、異なるプログラムの間にマウスを移動し、クリックするややこしい操作を回避できる。

TabScript:慣用的な表現を出力/結果を計算する等
TabScriptの主要機能は次の3種類ある:

慣用的な表現を迅速に出力する。
簡単な演算を行う。
コードを引用してもっと複雑な計算をする。

例えば、配置ファイル(settings.ini)の「TabHotString」段の下に「email=123456789@abc.com」を追加した後、「email」を入力してからCaps Lock + Tabを押すと、123456789@abc.comになる。

Caplosk plus キーワード 演算
Caplosk plus キーワード コード

その他の機能:WinJump、クリップボード、通訳等


WinJump:直観的にアクティブしたウィンドウの周りのウィンドウをアクティブにする。

クリップボード:Capslock +はCaps Lock  + X/C/VとCaps Lock  + Alt+X/C/V2セットのクリップボードを内蔵し、全部Ctrl + Vとは独立する。たくさんの文字を交互に複製する必要がある時には繰り返した操作を免れることができる。

翻訳:Capslock +は翻訳アプリのAPIを呼び出し、Caps Lock  + Tを通じて、オンライン翻訳を実現できる。注目すべきところは、翻訳アプリのAPIのインターフェースが訪問する回数を制限され(1時間に1000回)、要求があればキーを申請し、設定の中で交代すると使用できる。

ウィンドウトップとウィンドウ透明:Caps Lock  + F6はウィンドウをトップにすることができ、Caps Lock  + F4はウィンドウを半透明にすることができる。

最後に費用問題について、作者は次のように声明した:

声明:いかなる措置を採って強制的に料金を要求することがないが、Capslock +は有料で、金額は制限しないで、自分で使用時間と使用頻度によって、それに値する価格を出すことはおすすめする。

Vimエディタやキーボード操作が好きなら、これらのショートカットキーを活用した後、仕事効率を劇的に上げることを信じている。

興味がある方はCapslock +の公式サイトを訪問してください。





comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved