X
ホームチュートリアルiPhoneからPC・Macへ > iPhone 修理 バックアップ

iPhoneを修理する前にデータのバックアップ方法

iPhoneを利用している間に、iPhoneが割れたり、アップデートする間に故障が出てしまったり、水没して壊れたりしたせいでiPhoneを専門修理店に送って修理業者に修理させることがあります。その時、一番気を付けないといけないことは、正規な店ならiPhoneの保存したデータが修理の間にすべて削除されるのがほとんどです。そのため、前もって大切なデータをバックアップして、パソコンなどのところに保存しておかないと全部紛失します。

その場合、修理店の方も大体バックアップサービスは提供しないので、もしバックアップの取り方に困るなら、「iPhone転送」という専門的なiPhoneデータ移行ソフトをおすすめします。iTunes・iCloudでもバックアップを取れますが、このソフトは写真・音楽・動画・連絡先など大切なデータをそれぞれパソコンに転送してバックアップできます代替機がAndroidを使う場合も、写真や音楽をAndroidに入れられるようにバックアップ可能。iPhoneを修理しなければならない場合、安全のために事前にこのソフトで簡単にパソコンまでデータを移行してみてはどうですか。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

修理に出す時iPhoneのデータを簡単に移行する方法


1
「iPhone転送」を起動
まず、「iPhone転送」をPCまでインストールしてください。ソフトを開いた後、iPhoneをPCと接続します。
iPhone パソコン 接続

2
iPhoneからデータをPCに移行
iPhoneがソフトに識別された後、左側のメニューから転送したいデータの種類をクリックしてください。ここで写真を例として移行方法を説明します。メニューの「写真」をクリックすれば、iPhoneの写真データをプレビューできます。バックアップしたい写真データを選択してから、「エクスポート」ボタンをクリックしてください。これで選ばれた写真が指定したところに移行します。
iPhone 写真 移行

3
修理完了時iPhoneへデータ移行
iPhoneが修理終了した時、また「iPhone転送」を利用してデータをPCからiPhoneに移行しましょう。iPhoneをPCに接続した後、戻したいデータの種類によりメニューをクリックしてます。次に、「追加」ボタンを選んでください。バックアップしたデータを選んでから、iPhoneに移行しましょう。
iPhone 写真 転送

注意:「iPhone転送」はSMSをバックアップする機能のみに対応しています。

iPhoneだけではなく

iPad・iPodなどのiOSデバイスを修理する場合もこの方法でデータを移行してバックアップすることができます。そして、データを選択的にPCにバックアップできて、選択的にiPhoneまで移行できます。iOSデバイスが壊れた時中身のデータを紛失したくないなら、このソフトで定期的にデータを種類別でバックアップしましょう

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved