X
ホームチュートリアルiPhoneからPC・Macへ > iPhone 機種変更 バックアップ

iPhoneを機種変更する時のバックアップ方法

新しい機種が発売されたら、元のiPhoneを最新機種に変更する方が多いでしょう。また、旧いiPhoneが破損してほかの機種に変更しないといけない場合もあります。その時、一番大切なことは今のiPhoneのデータをバックアップすることです。

一般的には、iTunesやiCloundなどのアップル製品でデータをバックアップしますが、iTunesやiCloundのバックアップは容量制限があり、そしてバックアップしたデータは選択的に復元することができません。また、iTunesやiCloundのバックアップからデータを復元する場合、もし既に新しいiPhoneにデータを保存していたら、バックアップデータは新しいiPhoneのデータを上書きしてしまいます。

そのため、ここで「iPhone転送」というiPhone管理ソフトをおすすめします。「iPhone転送」は音楽・動画・写真・連絡先などのデータを選択的にパソコンにバックアップしたり移行したりすることができ、復元したデータもパソコンの指定したところに保存しますので、新しいiPhoneのデータは消去される心配はいりません。機種変更する時は役に立てると思います。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード

機種変更時iPhoneのデータをバックアップする方法


1
「iPhone転送」を実行
最初には、「iPhone転送」をパソコンまでインストールしましょう。ソフトを起動した後、iPhoneをパソコンと接続します。
iPhone パソコン 接続

2
iPhoneからパソコンにバックアップ
iPhoneがソフトに検出されたら、左のメニューでバックアップしたいデータの種類を選択しましょう。大切な音楽を例としてバックアップする方法を紹介します。メニューの「メディア」の「音楽」をクリックすれば、iPhoneの音楽が確認できます。バックアップしたい音楽ファイルをクリックして、そして「エクスポート」ボタンを押したら、選択され音楽が設定した保存先にバックアップして保存されます。


3
機種変更した後,バックアップをiPhoneへ追加
新しいiPhoneを利用し始めた時、再び「iPhone転送」を使ってデータをパソコンからiPhoneに転送しましょう。iPhoneをパソコンに接続した後、追加したいデータをメニューで選択しましょう。そして、「追加」ボタンをクリックしてからバックアップしたデータを選択してください。最後に、選択したデータはiPhoneに追加します。
ウォークマン 曲 iPhone iPod 転送

注意:「iPhone転送」は音楽・動画・連絡先・写真・電子書籍の転送が可能です。そして、メッセージはバックアップのみに対応します。

iPhoneのほかにも!

iPhoneだけでなく、ほかのiOSデバイスの機種変更する時もこの方法でデータをパソコンに保存できます。例えば、iPad・iPodなどの画像、動画データも「iPhone転送」でパソコンにバックアップできます。そして、ただ機種変更する時だけがデータのバックアップを取る必要があるわけではなく、iOSデバイスのデータが紛失しないために定期的にバックアップしたい時もこのソフトを利用することをおすすめします。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved