X
ホームチュートリアルiOSウラワザ > AirDropの使い方

iPhoneの間で簡単にデータを共有できる:AirDropの使い方

AirDrop(エアドロップ)はiOSの便利な機能のひとつです。聞いたことがありますが、AirDropとは何なのかはわからない、またはAirDropを知っているが、使い方がわからない方も多いでしょう。そんな方々のために、今日はここでAirDropとその使い方を紹介します。

AirDropとは、iPhone、またはiPad、iPod同士の間で簡単に写真などのデータを共有できる機能です。Wi-Fi、およびBluetoothを介して、データを交換します。ですから、使いのとき、Wi-FiとBluetooth両方をオンする必要があります。連絡先を共有するには、さらにiCloudアカウントにサインインすることが必要です。

AirDropは写真だけではなく、ビデオ、位置情報、連絡先、Web サイトなども交換できますので、赤外線が利用できないと不便と思う方は、ぜひお試してください。

AirDropの設定


AirDropを使うには、まずコントロールセンターでAirDropをオンにする必要があります。

1
iPhoneの画面下から上にスワイプしてください。これで「コントロールセンター」が表示されます。

2
ここの「AirDrop」をタップしてください。
Airdrop 設定

3
そして下記の三つの選択肢で、Airdropでデータを共有対象を決めることができます。「オフ」はAirDropをオフします。「連絡先のみ」とは、連絡先に登録されている人のみにAirDropでファイルを共有します。「すべての人」とは、近くにあるすべてのiOSデバイスとファイルを共有できます。

Airdrop 検出設定

AirDropで写真・連絡先を共有する手順


1
共有したい写真を開けてください。
エアドロップ 写真 共有

2
下のAirdrop 共有アイコンをタップしてください。

3
共有したいユーザにタップすれば共有できます。
Airdropで写真を共有

4
受け取る側は「受け入れる」をタップすれば、受け取れます。

5
ビデオ、連絡先、Web サイトなどもほぼ同じ手順で共有できます。連絡先を共有する場合、送信したい連絡先を開けて、「連絡先を送信」をタップしてください。

Airdrop 連絡先 共有

Airdrop 電話帳 共有

AirDropを使うときの注意事項


AirDropはiPhone 5、またはiPad 4以降のデバイスに対応しています。また、iOSのバージョンはiOS 7.0以降でなければなりません。また、Wi-FiとBluetooth両方をオンにする必要があります。







comments powered by Disqus

Copyright© 2018 transfer-iphone-recovery.jp All rights reserved